「進撃の巨人」の謎が分かった

考察が正しければ、ネタバレになってしまいます。ご注意ください。

【112話ネタバレ考察】エレンがアルミンとミカサに会ったのは、自分をあきらめさせるため

最新112話。 エレンはミカサとアルミンに会いました。 「お前ら(ミカサとアルミン)と話がしたい」と言って。 そしてその結果が↓です。 それで?結局何が言いたかったんだよ? 「進撃の巨人」112話より アルミンが言うとおり、一見すると「エレンはなぜミカ…

【112話ネタバレ考察】エレンはなぜ「オレは自由だ」と言ったのか

最新112話。 エレンはアルミンとミカサに会います。 エレンの目的は、おそらくこうです。 アルミンとミカサに自分(エレン)をあきらめさせること。 だからエレンは、あえてアルミンとミカサにひどいことを言いまくったのだと私は思っています。 ※これについ…

【112話ネタバレ考察】「無知は不自由」というエレンが、無知な子供に「お前は自由だ」という理由

「自由」は、進撃の巨人のテーマ中のテーマです。 それは最終コマとウワサされている「お前は自由だ」にも表れています↓ ※まだ確定していませんが、↑の後ろ姿はエレンだという前提で話を進めます。 また「自由」は、最新112話のテーマにもなっています。 112…

【111話の考察】イェーガー派がザックレーを殺した真の理由が分かった

イェーガー派がザックレー総統を殺した真の理由が分かった……いや、それは言い過ぎですね。 正確には「イェーガー派がザックレー総統を殺した真の理由が分かった(かもしれない)」ので、書いておこうと思った次第です。 答えは2つ。 1つは、「エレンがエルデ…

【111話の考察】サシャ父の「我々大人の責任や」がジークのセリフでもある理由

最新111話「森の子ら」。サシャのお父さんは言いました。 「過去の罪や憎しみを背負うのは、我々大人の責任や」↓ 「進撃の巨人」111話より これはもちろんサシャ父のセリフです。 が、 このセリフ、実はジークほど当てはまる人物はいません。 なのでマンガ的…

【110話ネタバレ】イェレナがマーレ兵の人権を譲らなかった理由を考察

最新110話。 ハンジはイェレナの行動の矛盾に気づきました。 イェレナは「あれほど義勇兵が疑われないように神経を使っていた」にもかかわらず「兵政権に反発してまでマーレ兵の人権を譲らなかった」のです↓ 「進撃の巨人」110話より そして私は、この矛盾を…

【110話の考察】イェレナはクルーガー?

先日、イェレナの「エレン」と「エレン・イェーガー」の使い分けについてtwitterに書きました↓ まあ実際のところは使い分けでもなんでもなく、たまたまの話なのかもしれません。 でもですね~、どうですか。 セリフだけじゃなく、イェレナの表情とかその後の…

【考察】タイムループ説は確定どころか消えた。表紙の謎にも迫ってみる。

私はけっこう前から、タイムループ説を疑ってかかっている派です。 実際昔、記事にもしました↓↓ www.riarebi.net でもですね。 タイムループ説否定派としては、一点だけずっと引っかかっているポイントがあったのですよ。 それが「表紙問題」です。 表紙問題…

【考察】クルーガーの未来の記憶は、グリシャのセリフじゃない

クルーガーが未来の記憶を見るシーンがあります↓↓ 「進撃の巨人」89話より そしてこれは、グリシャがエレンに言った言葉に似ています↓↓ 「進撃の巨人」67話より だからクルーガーの見た未来の記憶は、↑↑のグリシャのセリフのようにも見えます。 しかし実は、…

【考察】カルラの答えこそが、進撃の巨人の「人を愛する」ということ

クルーガーはグリシャに、とても重要な言葉を残しました↓↓ 「進撃の巨人」89話より つまりコノ世界の悲劇に終止符を打つためには、「人を愛する」ことが必要だというわけです。 しかし人を愛するって、どういうことなのでしょうか。 まあ愛の定義なんて壮大…

【107話ネタバレと考察】やっぱりエレンとジークはパラディ島をだましている

ジークは「エルディア人と世界を救う」と言っています↓↓ 「進撃の巨人」107話より このジークの発言がおもしろいのは、真の「エルディア復権派」であるジークが、エルディア人だけじゃなく「世界」を救うと言っているところです。 エルディア人と世界をわけ…

【106話ネタバレと考察】アニはやっぱり成長していなかった……ということは?

106話。久々にアニが登場しましたね↓↓ 「進撃の巨人」106話より アニを見て気づくこと、それは「アニは成長していない」ということです↓↓ アニはやはり成長してませんでした(髪が伸びていない)。赤子継承もなさそう。ということは水晶体の中で生きている可…

【進撃の巨人 最終回(結末)予想】世界から巨人は消える。でもエルディア人は絶滅しない。

進撃の巨人の結末に関して、私は2017年11月ごろより予想をしてきました。 そして全体的な流れについては、今も予想を変えていません。 ただいくつかの記事に分散して書いていたため、今回1つの記事にまとめようと思った次第です。 ちなみに予想の根拠につい…

【考察】エレンはパラディ勢力だけでなく、全世界を救うためにヴィリーを殺した

エレンがマーレに潜入した理由は「世界を救うため」です。 なぜそう思うのか。 それはエレン自身がそう言っているからです。 99話でライナーはエレンにこう問いました。 「何しにここ(レベリオ収容区)に来た?」 エレンは答えます。 「お前と同じだよ。『…

【103話の考察】ジークはリヴァイにわざとヤラれたし、死んでもいない

103話。 またもやジークがリヴァイに倒されましたね。 でも今回のはワザとだと私は思っています。 根拠は2つほどあります。 そしてこの考察にはソコソコ自信を持っています。 「ジークは死んでいない」の方も、今のところ可能性は高いと思っています。 ただ…

【102話の考察】パラディ島の壁は戦槌の巨人方式で作られた

戦槌の巨人の本体は、地面にいました。 うなじではなく。 これは初めてのパターンです。 エレンは「戦槌の体が足元からできていった」ことをヒントに、本体が地面にいることを見抜きました↓ 「進撃の巨人」102話より 地面からできていった? これって壁もじ…

【102話の考察】ジークは「未来のエレンの記憶」を見たのか?!

「進撃の巨人」で描かれている世界は残酷です。 どうすればこの残酷な世界が平和におさまるのか。 その筋書きは今のところ1つしかないと、私は思っています。 詳しくは過去記事で何度かふれたので省略しますが、ザックリ言えばこうです↓ エレンが世界のすべ…

【102話の考察】「ジークの登場が遅れた」のは伏線

102話では獣の巨人(ジーク)が登場しました。 そして獣の巨人の登場について、私は昨日つぶやきました↓ 102話でジークが演出側の人間という可能性がぐっと高まったのでは?罠にも何にもかかっていなそうなジークが、重機関武装で時間のかかったピークたちと…

進撃の巨人101話の感想(戦槌の持ち主とマーレ軍幹部の予想が当たりました他)

今回も残念ながら時間の余裕がないため、ちょっと細部の考察が書けなさそうです。 なので取りあえず101話「戦槌」の全体的な感想を書くことにします。 まずは予想が当たったところから話を広げる方向で進めます。 今回当たった予想は2つでした↓ 【当たった予…

「進撃の巨人」100話の感想【ヴィリーの死の予想は大当たりでしたね他】

最新100話では「予想どおり」ヴィリーがエレンに殺される展開となりました。と言っても予想したのは私ではなく、コメントをくださったsepさんなのですが↓ 「ヴィリーがエレンに殺される」という↓の予想、大当たりでしたね(まあ私の予想ではないのですがw)…

英雄へーロスの役を担うのはファルコ

このままではマーレに明るい未来はない。 「進撃の巨人」97話より テオ・マガトがヴィリーに言ったように、マーレは着実に自壊の道を歩んでおり巨人大戦後の世界秩序が崩れようとしているのは明らかだ。 そしてヴィリーが自らの演出により、新しい秩序を作り…

この世から巨人がいなくなるためのヒントはアニの硬質化

最新99話でアニの父親が初めて登場した。 「進撃の巨人」99話より このアニ父の登場によって、長らく放置されていたアニが何らかの形(喰われて別の誰かに継承されている可能性も含め)で登場する気運が高まったと私は思っている。 沈黙を続けてきたアニの存…

エレンはカール・フリッツ145世の役を演じようとしている

以前サネスは「役には順番がある」と言った。 「進撃の巨人」55話より ご存知のとおりサネスは脇役だ。 だがこのセリフは物語の主軸になってように私には思える。 ということで「救世の末裔」ことヴィリー・タイバーである。 彼も言う。 「たまたま順番が回…

ヴィリー・タイバーは「祭事」で何を演出するのか

追記2017/11/10 最新99話を見て、ヴィリーの演出に関して別の考えが浮かびました。 良かったら見てみてください↓ www.riarebi.net さてヴィリー・タイバーである。 彼は一体何を企んでいるのだろう。 それを考察するために、今回ガビのこのセリフから始めて…

なぜマーレはタイバー家を滅ぼさないのか

最新97話で「マーレの真の支配者はタイバー家」であることが明らかになった。 しかしコレってとても変ではないだろうか。 タイバー家がマーレの支配者であり続ける不思議 皆さんご存知のとおり、タイバー家は「ユミルの民」である。 だって戦槌の巨人を代々…

へーロスはマーレのために作られた英雄ではないか

最新97話では「へーロスの像」が登場しました。 ヴィリーの話によると、へーロスは「100年前、人間でありながら大地の悪魔を打ち破った英雄」とのこと。 しかし私はこの話を少し眉唾(マユツバ)で見ています。 なぜならマーレの歴史には「歪み」があるから…

【考察】タイバー家は「始祖奪還計画」を失敗させたかったのではないか

最新第97話「手から手へ」には、ライナーたちがウォール・ローゼの破壊に至る経緯が描かれていました。 「進撃の巨人」97話より いやぁビックリですね(って私だけでしょうか?) というのも「ウォール・ローゼの破壊は最初から計画されていた」と私は当たり…

「悪魔」を軸に「進撃の巨人」を考察する

「悪魔」というキーワードが「進撃の巨人」の大きなテーマの1つであることに、異論のある方は多分いないと思います。 なので今回はこの「悪魔」について考えてみたいと思います。 「悪魔」には順番がある ということで、まずはこのシーンから↓ ここでサネス…

売女(バイター)作戦はレイスの血にしかできなかったのではないか

取りあえず最新96話「希望の扉」のこのシーンから入ってみようと思います↓ 本物の壁の王(フリッツ)にたどり着くために、「売女作戦」はどうかと言っている場面ですね。 ただ残念ながら「アニには(ベルトルト以外の)男をたぶらかせる魅力がない」という理…

「巨人科学はフリッツ王家を打破するためのものだった」という考察

いつ誰が何のために巨人を科学し始めたのか。 巨人科学は基本的なところでさえ、まだ謎のままだ。 さらに言うと「巨人科学の副産物であるアッカーマンが、フリッツ王家の懐刀だった」という事実は、とても不可解に思われる。 なので今回はこれらのことを考察…