「進撃の巨人」の謎が分かった

考察が正しければ、ネタバレになってしまいます。ご注意ください。

なぜ「この世界は必ず滅ぶ」のか?

答えは、すでに描かれている

 

「ウーリ」は、このように言いました。

ケニー…この世界はそう遠くない未来、必ず滅ぶ。

 

「ユミル」も、同じ事を言っています。

この壁の中に未来はねぇんだよ!

 

もうじき、この壁の中が地獄になっちまうのは避けようがない…

 

そう遠くない未来に一体何が起きるのでしょうか。

この答えも、実はすでに描かれています。

答えは、アルミンのこのセリフです。

(壁の巨人は)少なくとも100年間ずっと立ちっぱなしだったから…

そろそろ散歩でもし出すと思うな…一斉に

 

 

そうです、壁の中の巨人たちが歩き出し、壁が崩壊するのです。

 

壁の中の巨人に、もう知性は期待できない

 

壁の成り立ちの経緯については、

で記述しました。

恐らくは、初代王(始祖の巨人)に忠誠を誓う臣下たちが知性巨人化し、硬化能力を使って壁を築き上げたのだと思います。

 

ちょっと待ってください。

それなら、硬化に期限があり、一旦壁が崩壊したとしても、再度硬化能力を用いて素早く壁を築き直せばいいのでは?

ウーリやユミルの発言から考えると、それは無理なのでしょう。

 

なぜなら、「ハンジ」のこのセリフ

(巨人化したエレンに対して)巨人の体との融合が深くなって、一つになりかけているんだ。
もしほっといたら、普通に巨人になっちゃうんじゃないか、これは!!

 

つまり、壁の中の巨人たちは、すでに無知性巨人になってしまっているのです。

 

ユミルが「クリスタ(ヒストリア)」を、なんとしても壁の中から救い出そうとしたのはこのためです。

そして、途中で考えを変えたのは、「エレン」が「座標」を持っていることを知ったからです。

たとえ、壁が崩壊したとしても、エレンが座標の力を発揮すれば、壁内人類たちは救われる可能性があると考えたのでしょう。

スポンサーリンク