「進撃の巨人」の謎が分かった

考察が正しければ、ネタバレになってしまいます。ご注意ください。

9つの巨人の内の明らかになっていない1つを追う

「九つの巨人の内の七つを手駒に従え……」

と、グリシャの父親は言う。これはマーレで語られている歴史のようだが、これは正しい。と私は思っている。なぜなら、この数字の部分の歴史は改竄するメリットが特にないからだ。

 

マーレの手駒となった7つの巨人はどれだろうか

 

この数字が正しいとすると、現時点で1つの巨人が明らかになっていない。明らかになっている巨人は以下のとおり。

  1. 始祖の巨人
  2. グリシャの巨人
  3. ユミル(元はマルセル)の巨人
  4. ライナーの巨人
  5. ベルトルトの巨人
  6. アニの巨人
  7. ジークの巨人
  8. 四足の巨人

このうち、手駒となった7つはどれだろうか。

ユミル(元はマルセル)の巨人、ライナーの巨人、ベルトルトの巨人、アニの巨人、ジークの巨人、四足の巨人の6つは確実である。問題は、グリシャの巨人が入るかどうかだ。

 

ライナーは「取り返す」と言った

 

ここで、12巻でのライナーのセリフがヒントになる。

 

最悪だ… よりによって「座標」が… 最悪の奴の手に渡っちまった…
絶対に取り返さねぇと… ……

 

ライナーは「取り返す」と言っている。もし、座標が手駒にならなかった巨人の能力だとすれば、このセリフはオカシイ。なぜなら、座標は今も昔もエルディアが持つ巨人の能力となるからだ。つまり、座標はマーレが手駒にした7つのうちの1つの巨人が持つ能力だ。そして、その巨人とはグリシャの巨人である。まあもっとも、「九つの巨人の内の七つを手駒に従え、80年前の巨人大戦に勝利したのだ」が正しく、またライナーも同じ歴史認識を持っているという前提だが。

 

残り1つの巨人はどこ?

 

まだ明らかになっていない1つの巨人は、マーレの手駒になっていないものだということになった。では、その巨人はどこにあるのだろうか。

2つの可能性を考えてみる。

1つ目。壁内にある。始祖の巨人とともに壁内に移った可能性。

2つ目。マーレもエルディアも把握していない。つまり、行方不明の状態。

どちらが正しいのか、それともどちらも正しくないのか。まだ分からない。

ちなみに、さっきの座標の件。実はこれがマーレもエルディアも把握していなかった巨人の可能性もなくはない。例えば、マーレ政府は把握できていなかったが実はマーレ内にあったとか。そうだとすると、ライナーの「取り返す」も整合性がないとは言えない。その場合は、グリシャがダイナ・フリッツを食うとかそういう展開だろうか。妄想を膨らませてもしょうがないので、また追って検証していきたいと思う。

 

 

 

スポンサーリンク