「進撃の巨人」の謎が分かった

考察が正しければ、ネタバレになってしまいます。ご注意ください。

【考察】カルラの答えこそが、進撃の巨人の「人を愛する」ということ

 

 

 

 

 

クルーガーはグリシャに、とても重要な言葉を残しました↓↓

 

 

f:id:edonopoh:20180813094907j:plain

「進撃の巨人」89話より

 

つまりコノ世界の悲劇に終止符を打つためには、「人を愛する」ことが必要だというわけです。

 

しかし人を愛するって、どういうことなのでしょうか。

まあ愛の定義なんて壮大なものを、私が語れるわけはありません。

でもコノ「進撃の巨人」という物語の中での愛なら、私は語ることができます。

だって71話に詳しく書かれていますから。

 

 

特別じゃなきゃいけないんですか?

 

 

f:id:edonopoh:20180813095914j:plain

「進撃の巨人」71話より

 

 

71話ではエレンの母であるカルラと父であるグリシャが、キースを媒介としてとても対照的に描かれています。

キースは、グリシャのエレンへの行動を「呪い」と表現しました↓↓

 

 

f:id:edonopoh:20180813100722j:plain

「進撃の巨人」71話より

 

 

そしてグリシャの行動を「呪い」ととる人物がもう1人います。

ジークです↓↓

 

 

f:id:edonopoh:20180813101228j:plain

「進撃の巨人」83話より

 

 

 

さて最新108話で、エレンはこのように語りました↓↓

 

 

f:id:edonopoh:20180813101834j:plain

「進撃の巨人」108話より

 

これって、エレンが人を愛することができている表れじゃないでしょうか。

 

つまり役者が揃ったのではないかと私は思うのです。

人を愛することができたエレンが、呪いを知るジークの秘策に感化され今があるのではないかと。

だから豹変したように見えるエレンの行動も、実は同じ歴史を、同じ過ちを繰り返さないためのものであり、そしてミカサやアルミン、みんなを救うためのものではないかと思うワケです。