「進撃の巨人」の謎が分かった

考察が正しければ、ネタバレになってしまいます。ご注意ください。

【112話ネタバレ考察】エレンはなぜ「オレは自由だ」と言ったのか

 

最新112話。

エレンはアルミンとミカサに会います。

エレンの目的は、おそらくこうです。

アルミンとミカサに自分(エレン)をあきらめさせること。

だからエレンは、あえてアルミンとミカサにひどいことを言いまくったのだと私は思っています。

※これについては別記事↓に書きました。

 

www.riarebi.net

 

しかしこの場において、エレンの本音がうかがえるシーンがあります。

それが「オレは自由だ」です↓

 

オレは自由だ 進撃の巨人 112話 エレン

「進撃の巨人」112話より

 

↑は一見、アルミンの「本当に…ジークやイェレナに懐柔されてしまったのか…」というセリフへの回答のようにも思えます。

しかし当のアルミンが「え?」というリアクションをとっていることからも、このエレンの言葉はかなり唐突なものだったと理解できます。

 

ミカサとアルミンを突き放す目的の場のハズなのに、それでも最初に語りたかったエレンの「自由」とは何なのでしょうか。

具体的に書いていきます。

 

 

時代や環境のせいではない、俺のせい

 

 

エレンの自由への考えがとてもよく分かるのが100話。

ライナーとの会話のシーンです。

過去記事でも書いたとおり、ライナーは不自由な存在です↓

 

子供だったライナーは「壁の中にいる奴らは、自分たちとは違うものだ」と教え込まれました。悪魔だと。

ライナーは世界を救うため、壁を破壊しました。

そしてエレンの母を始め、多くの人間が死にました。

ライナーは知りませんでした。

海の外も壁の中も同じということを。

ライナーは苦しみから逃れられず、裁きを受けたい、もう消えたいと願いました。

www.riarebi.net

 
ライナーのこの苦しみに、エレンは共感します。

エレンもまたライナーと同じように「何も知らなかった」1人だからです。

生まれながらに、過去の罪や憎しみを背負わされた1人だからです。

つまりここだけを見ると、エレンもまた不自由な存在です。

 

f:id:edonopoh:20181210210949p:plain

「進撃の巨人」100話より

 
しかしここからが面白い。

なぜならライナーは、その不自由さを否定するからです。

時代や環境のせいではない、俺のせいだ。俺は英雄になりたかったんだと↓

 

f:id:edonopoh:20181210211252p:plain

「進撃の巨人」100話より

 

ライナーのこのセリフに対しても、エレンは「やっぱりオレは…お前と同じだ」と共感します。

そしてライナーに、「オレは進み続ける」と宣言します。

 

分かるでしょうか。

時代や環境のせいではない。

これは、自分の自由意思で選択した道ということです。

だから少なくとも、その部分においてはエレンは自由ということです。

 

これがエレンの言う「オレは自由だ」と私は考えています。

 

エレンは、ミカサとアルミンにこれだけは伝えておきたかった、分かってほしかったのではないでしょうか。

もうこのような機会はおとずれないかもしれない。

そう考えると、ある意味これはエレンの遺書みたいなものともとらえることができそうです。

 


97話がまさに象徴している

 

実際↑をとてもよく象徴しているシーンがあります。

97話。エレンとファルコの会話の場面です↓

 



「進撃の巨人」97話より

 

みんな何かに背中を押されて、地獄に足を突っ込む。

でもライナーは自分で自分の背中を押して、別の地獄を見ている。

それはエレンも同じです↓

 

f:id:edonopoh:20181210212858p:plain

「進撃の巨人」97話より

 

そしてエレンは、地獄の先にあるものに向かって進み続けます。

たとえそれが希望であってもさらなる地獄であっても。

それは進み続けた者にしか分からない。

 

f:id:edonopoh:20181210213055p:plain

「進撃の巨人」97話より

 

どうでしょう。

97話のこのシーンを見ると、今のエレンの苦しみや先に見ているものが垣間見えるのではないでしょうか。

そしてその「エレンが先に見ているもの」こそ、人々が歴史の罪や憎しみを背負わなくても良いという意味での「自由」な世界なのではと私は思うのです。